KIOSK

印傳
2018.02.05~2018.03.12

古くはインドより伝来したといわれる「印伝」
鹿の革に色や模様をつける伝統工芸品です。
江戸時代から始まったとされる「甲州印傳」の中でも漆で模様をつけるポピュラーなものから、煙でいぶす「ふすべ」と呼ばれる大変珍しい品物も集めました。
「更紗」と呼ばれる染物のような華やかな印傳もございます。
春のギフトにもぴったりな革細工です。