PARK
- Community Library -

2017.08.14

出張さんごさん

本を通して新しいつながりをつくる試みとして、五島の私設図書館「さんごさん」がBONbazaarに出張いたします。
店内のライブラリには、さんごさんの本棚から「人生の3冊」をセレクトし展示。同時に、BONbazaarの店舗に来ていただいたお客さまからも「人生の3冊」を募集し、定期的に五島に届けます。
本を通した価値観の交流はもちろんのこと、西宮と五島というふたつの地域の新しいつながりや、店舗とお客さまの新しい関係性も築いていく。
お買い物だけではなく、新しいつながりを楽しんでいただく場所として、BONbazaarでの時間をお過ごしいただければ幸いです。
 
 

さんごさん
五島列島、福江島。その南に位置する富江という町の、築80年の古民家を改装して生まれた小さな私設図書館です。
かつて珊瑚漁で栄えた町の歴史にちなんで「さんごさん」と名付けられたその図書館には、様々な方から寄贈していただいた「人生の3冊」がおさめられています。漫画家、ミュージシャン、島のバスガイドさん、農家のおじいちゃん。
幅広い方々の人生ベスト3の本を開けば、多様な価値観を垣間見ることができます。旅人が寄贈した3冊が、島の子どもの人生をちょっと変える。島のおばあちゃんが寄贈した3冊が、東京のカップルの思い出となる。
新しいつながりが、本を通して生まれていく。そうやって島の文化の交流拠点になることを夢見ながら、さんごさんは活動をしています。

profile:
2016年8月に五島列島福江島の富江町にオープン。その後1年間で、お笑い芸人や大学教授などの著名人から地元の主婦、おじいちゃん・おばあちゃんまで100名を超える幅広い人たちの「人生の3冊」が集まる。国内外の雑誌やwebメディア、テレビ番組などに取り上げられているほか、ミッドタウンで開催された「地域×デザイン展」にも出展。能作淳平氏による建築はSDレビューで受賞するなど、多方面で注目を集めるプロジェクトとなっている。2017年からはコーヒースタンド「CORAL COFFEE」を併設するほか、島内外の仲間たちと取り組む実験が複数進行中。
http://sangosan.net/

<BACK